Type

Database

Creator

Date

Thumbnail

Search results

7,663 records were found.

筆者らはスポーツ選手の心理的競技能力を診断する方法を検討してきた。その第1は精神力の内容とその診断法である。「精神力」という言葉が意味する内容を明らかにするために調査を繰り返えし行い,因子分析の結果,競技場面で必要な一般的傾向として「競技意欲」「精神の安定・集中」「自信」「作戦能力」「協調性」の5因子を抽出した。さらに,その内容を分類し忍耐力,闘争心,自己実現意欲,勝利意欲,自己コントロール能力,リラックス能力,集中力,自信,決断力,予測力,判断力,協調性の12尺度を抽出した。このようにして「精神力」を診断する質問紙として,「心理的競技能力診断検査(DIPCA.2,中学生〜成人用)」を開発した。これらの能力は競技レベルが高い選手,経験年数の長い選手,実力発揮度の高い選手,競技成績が優れている選手ほど高い得点を示すことが明らかにされた。第2は試合前の心理的コンディショニングの診断法である。ある大会に備え,数ヵ月前から身体的コンデでショニングは当然ながら,心理的準備ができていなければならない。同様の統計的手続きを経て,日常生活や練習の中で必要とされる内容として,忍耐度,闘争心,自己実現意欲,勝利意欲,リラックス度,集中度,自信,作戦思考度,協調度を抽出した。そして心理的コンディショニングを診断する質問紙として「試合前の心理状態診断検査(DIPS-B.1)」を作成した。第3は,競技中の心理状態の診断法である。試合中の心理状態をチェックする質問紙として「試合中の心理状態診断検査(DIPS-D.2)」を作成した。試合中の心理状態が50点に近くなることが望ましく,実力発揮度の高い選手ほど得点が高いことが明らかにされている。また,「特性」としての心理的競技能力や「状態」としての試合前の心理状態が優れている選手は試合中の心理状態が優れていることも明らかである。以上のように,精神力は「特性」としての「心理的競技能力」,「状態」としての「試合前の心理的状態」や「試合中の心理状態」として...
本研究の目的は、耐糖能境界型(IGT)男性の性ホルモン、性ホルモン結合グロブリン(SHBG)及びインスリン感受性の水準を比較検討すると共にインスリン感受性と性ホルモン及びSHBGとの関連性を明らかにすることである。Hyperinsulinemic euglycemic clamp法で評価したインスリン感受性(glucose infusion rate; GIR),CTスキャン法で評価された腹部の皮下(SFA)・内臓脂肪蓄積(VFA),性ホルモン(遊離テストステロン,エストラディオール,dehydroepiandrosterone-sulfate)及びSHBG水準が,やせ型から肥満者を含む31-75歳の日本人男性IGT(n=29)を対象に測定された。性ホルモンの分布は,すでに著者らが報告した健常男性で観察された数値の範囲内にあった。しかしながら,統計処理は行っていないが,SHBG水準は健常者よりも低い傾向にあった。GIRに関しては,IGT男性の約50%が正常範囲内にあった。単相関分析において,GIRは年令やSHBGとの間に有意な正相関を,一方肥満尺度,特に腹部の皮下脂肪面積(SFA)との間に有意な負の相関を認めた。ステップワイズ重回帰分析の結果,SFAと75gの経口糖負荷試験(OGTT)に伴うインスリンの曲線下面積は,GIRに関する有意な独立因子であった。さらに,SHBGや遊離テストステロンは,OGTTに伴うインスリン反応と有意な負の相関を認めたが,腹部のSFA及びVFAの影響を考慮した偏相関分析の結果,両者の間には有意な関連性は認められなかった。これらの成績から,腹部の皮下脂肪蓄積や経口糖負荷後の高インスリン反応は,日本人IGT男性の末梢インスリン感受性の独立因子であることが示唆された。
1987年以来続けてきているネパール健康科学調査の中から,生活環境や食生活に特徴のある5地区の20歳以上の健康な住民2,267名を対象に,高血圧関連要因としてのミネラル(Na・K・Ca・Mg)摂取量の意義を明らかにすることを目的として,簡便法を用いた尿中排泄量から推定したミネラル摂取量を主体に,血圧との関わりを重回帰分析を用いて検討した。各地区の調査はすべて同一方法で行い,各々の検査はほとんど同じ検者が担当した。1)高血圧の頻度は0%から47%まで地区によって著しい差がみられた。2)1日食塩摂取量は12〜15gで,著しい地域差はなかった。3)肥満度,身体活動量には地域差がみられた。4)血圧には,年齢・肥満度に加えて尿中Na排泄量が強く正に関わっていた。5)また血圧には尿中Ca排泄量が正に,尿中Mg排泄量は負に関わっており,その比(Ca/Mg)は血圧と正に関わっていた。6)尿中K排泄量は血圧に強く負に関わっている地域もあったが,全体でみるとそれほど強い関わりは認められなかった。今後,高血圧の非薬物療法あるいはlifestyle modificationの中で,高血圧とミネラルの関わり,すなわち食生活は益々重要視されていくと思われる。
To clarify the career developing process, the actual conditions of ongoing career life and career orientations of elite high school soccer players, a research was undertaken. The subjects of this research were 280 elite high school athletes who were belonging to 16 high schools. The main results were as follows. Athletes were exclusively involved in soccer from the earlier time of their life. Soccer was a significant part of their life, and they wanted to be a superior athlete in the future. They started to play soccer at the local and school clubs with their self decision and the influences of media and friends. For a few people, soccer was an influential factor to go on to junior high school. In contrast to the above, when people went on to high school, soccer became a crucial factor. These findings of this study partly suppor...
The purpose of this study was to investigate physical characteristics and maximal aerobic power of the villagers in Kotyang and Bhadrakali in Nepal. The subjects of this investigation were 126 males(20-75 years old), 144 females(20-75years old) living in rural districts(Kotyang village) and 124 males(20-85 years old), 126 females(20-80 years old) living in suburban districts(Bhadrakalivillage). Measurement for physique was carried out on height, body weight, skinfold thickness(triceps, subscapular, suprailiac, umbilical). Percent body fat(%Fat) was estimated from skinfold thickness, body weight and body surface area by the equation of Nagamine. Maximal aerobic power was estimated by Margaria's method. The results were as follows: 1) The mean height and mean body weight of every Kotyang age group were almost the same as those of Bhadr...
We examined some physiological parameters in 347 schoolboys and 340 schoolgirls annually for 5 years using the same manners in each year. Annual growth in body height was the biggest between 12 to 14 years of age in boys and between 11 and 12 years in girls. In boys who were born after 1976, the later they were born, the higher in height, however, such relation was not found after 1976 or in girls. Annual growth of weight was biggest between 12 to 13 years of age in both genders. Quetelet's index calculated from weight and height increased with grade, and annual increase in the index was bigger in girls than in boys, and obese or obesity-apt pupils were found in 6.0-16.0%, lean and lean tendent in 1-16%. Urinalysis revealed proteinuria in 1.2% of boys and 1.3% of girls, glucosuria in 1 boy, and positive occult blood in urine were found...
Gynecomastia is defined as excessive development of the male mammary gland. It should be differentiated from other causes of breast enlargement, especially increase of fatty tissue. It is also caused by lipoma, neurofibrosis and carcinoma. There are multiple causes of gynecomastia, some with physiologic explanation(in newborns, adlesecents, or the elderly), other representing pathlogic states (increase in estrogen/ androgen ratio), and most, perhaps, due to drug side effects. Carefully taken durg history; a thorough physical explanation for signs of feminization, chronic liver disease, hypogonadism, thyroid dysfunction and testicular tumors; and laboratory tests, including endocrine, liver and renal function, are essential. In this report, we reviewed a pathophysiologic features of gynecomastia including our experiences.
Want to know more?If you want to know more about this cutting edge product, or schedule a demonstration on your own organisation, please feel free to contact us or read the available documentation at http://www.keep.pt/produtos/retrievo/?lang=en